AGAについて知ろう

AGAは予防が出来る?

薄毛が少しずつ進行していき、最後には髪の毛が無くなってしまうAGAは、薄毛が気になりだした頃から治療を開始することが重要だと言われています。しかし、治療費は高く、継続して長期間の治療を行う必要があるので、予防ができればこれに越したことはありません。AGAの原因はジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質で、毛乳頭細胞の中にある5α還元酵素と、男性ホルモンのテストステロンが結びつくことでDHTが生成されます。治療薬では5α還元酵素を阻害することで、AGAの進行を抑えてくれますが、完治することはなく、続けることで以前のフサフサな頭髪を取り戻せますが、治療薬の使用を止めると再び抜け毛が起こる可能性が高いと言われています。こうした薄毛の症状は、髪の毛に良い栄養素を食事から摂取したり、原因物質を減少させる方法を考えるのが予防となります。髪の毛に重要な要素として挙げられるのは亜鉛、タンパク質、ビタミンで、特に亜鉛はタンパク質を合成するために必要なものなので、積極的に摂取すると良いと言われています。また、大豆などに含まれるイソフラボンは女性ホルモンに良く似た働きをしており、5α還元酵素を阻害する働きもあるので、治療薬ほどではありませんが、AGAの進行を抑える力があります。食事だけでなく汗をかく運動をすると、原因物質であるDHTが発汗によって排出され、同時にテストステロンがタンパク質と結合することでDHTの生成がしにくくなるという効果があります。激しい運動は必要なく、適度な有酸素運動で手軽に行えるので、予防だけでなく薄毛が進行した際にも、継続して運動すると薄毛の改善に繋がると言われています。