AGAについて知ろう

AGAに馬油は効きますが、少し注意が必要です

AGAとは男性型薄毛症のことを言います。これは、最近できた言葉で、病院などで良く使われます。要するにAGAとは診断名なのです。病院でAGAと診断されると、プロペシアという薬を処方されます。この薬は、髪の毛を生やしてくれる薬です。以前はアメリカでしか認可がおりていませんでしたが、ここ10年の間に日本でも認可がおり、広く使用されるようになりました。この薬は使い続けると発毛に関して素晴らしい効果を発揮します。例えば、前頭部が髪がなくなり、地肌が露出していた男性は、プロペシアを一年間服用し続けた結果、前頭部から髪の毛が生えてきて、地肌の露出がなくなりました。また、ある40代の男性は、後頭部がはげていたのですが、プロペシアを三年間服用し続けた結果、後頭部から大量の髪が生えてきて、ハゲがなくなりました。このように、プロペシアには、強い発毛効果があるのです。しかし、若干の副作用もあります。それは、腕の毛が濃くなったり、また、性欲が減退したりすることです。但し、強い副作用ではないので、そこまで気にする必要はありません。

AGAに効く薬として効果の高いものに、馬油があります。これは、馬の毛から取れた油を主成分としているものです。この馬油は頭皮の血管を拡張し、血行を良くしてくれます。また、髪の毛をサラサラにしてくれる成分も入っています。髪がつやつやになるので、女性にも大変人気があります。ただ、少々お値段がはります。馬油の入ったシャンプーは一本2千円程度します。ですので、費用対効果を考える人は注意が必要です。

馬油は、髪の毛にとても良いのですが、その使用方には注意が必要です。馬油は付け過ぎると、髪の毛をペシャっとさせてしまうのです。また、頭皮への付け過ぎにも注意が必要です。シャンプーには不純物もたくさん入っているので、付け過ぎると毛穴の詰まりの原因になってしまうからです。