AGAについて知ろう

比較して恥ずかしいAGAは後頭部?

ハゲが恥ずかしいからこそAGA治療をするのであるのは多くの方が認識しているはずです。では恥ずかしいハゲている部分はどこなのかが問題になるでしょう。AGAの顕著な形として挙げられる後頭部であったり、またM字ハゲもあるでしょう。M字ハゲは自分で鏡でも見ればハゲていることが一目瞭然ですが、後頭部の場合、自分では気付けなくて他の人に指摘されてしまい恥ずかしい想いをする可能性もがあります。比較してみると恥ずかしいのは後頭部かもしれません。

またAGAの症状として髪型から比較してみると、後頭部のハゲに似合う髪型は少ないです。M字はそれなりに髪型を整えることができますが、後頭部まるでどこかの宣教師のように見えてしまいます。比較するとここでも後頭部のハゲは分が悪いように見えてくるでしょう。どちらのハゲもAGAですので、基本的な治療薬を使うことで改善する可能性があります。少しでも早い方が、それだけ効果を実感しやすくなりますので、自覚しているのであればなるたけ早く治療を開始しましょう。

この自覚という意味でも比較すると、後頭部のハゲは分が悪いことがわかります。自分でなかなか見ることができず、他の人の指摘によって発覚することが多いですので、かなり厄介なハゲであることがわかるでしょう。もちろんこのようなハゲであっても、治療をすることが可能です。

まれに男性でAGAが原因の薄毛ではない可能性があります。だからこそ専門のクリニックで一度診察を受けることをおすすめします。治療薬も確かな医薬品を処方してもらい、また経過観察もできますので、医薬品の副作用を含めた経過観察をすることが可能です。初めての治療を受ける人ほどクリニックで受けましょう。