AGAについて知ろう

AGAって何だろう?

男性の中には早い人だと20代前半頃から頭髪の薄毛に悩まされる人がいます。ひとたび薄くなると外見も大きく変化するので自信をなくしたり、引っ込み思案になってしまうケースも少なくありません。しかしこれらの薄毛は適切な処置や治療を行うことで改善することも可能です。まずはしっかりと原因を特定し、それにあった治療法を見つけることが大切です。

これら薄毛を引き起こす原因の中でも、最近特に注目を集めているのがAGAという病気です。AGAは精巣にて作り出される男性ホルモンが体の隅々にまで運搬されて巡る中で、頭皮にある特殊な酵素と互いに反応し合い、やがてDHTという物質を作り出すことがきっかけとなります。このDHTを単体では何も引き起こしませんが、頭髪の根元にある毛乳頭がこの存在を感知すると過剰な反応が始まり、これまで健康的な成長期にあった頭髪に対して退行期、そして休止期へと移行するように命令を出すのです。

このようにしてヘアサイクルが大きく乱されることによって頭髪はその指令通りに抜け落ちる準備を始め、それが整うと同時に抜け毛として抜け落ちていくのです。この時、通常の成長期であれば毛乳頭は毛細血管から積極的に栄養分を補給するのですが、退行期や休止期に入ると同時に栄養分の補充をストップさせ、そういったメカニズムも合わさって頭髪は栄養不足へと陥り抜け毛を加速させていくことになります。

AGAの場合、特に男性ホルモンの影響が生じやすい額の両サイドや頭頂部、あるいはその両方ともに薄毛が進行していくことが特徴的で、もしもこれらの部位に薄毛が生じているのであれば真っ先にAGAの可能性を疑ったほうが良いでしょう。またAGAは遺伝の影響も大きく、とりわけ母方の男兄弟や祖父などに薄毛の人がいると遺伝しやすいと言われています。まだ改善の余地が大きい初期段階にて治療を開始すると良いでしょう。